年齢に合った基礎化粧品を選ぼう【30代からのコスメアイテム集】

レディー

お肌の曲がり角

容器

30代はお肌の曲がり角と言われるほど、皮膚の状態が不安定になります。原因は、油分や水分が減少することと、仕事やプライベートでの環境の変化などがあります。そのため、30代になると基礎化粧品を見直す人が非常に多く見られます。正しいスキンケアと心身を休ませることで皮膚の状態が安定します。

もっと詳しく

優れた化粧品アイテム

スキンケア

30代からの基礎化粧品で大切なのは、保湿力やシミやシワへの効果、さらにコストパフォーマンス、手軽さといった点です。肌への接触が多ければ多いほど肌への負担は増すので、オールインワン美容液はその点では負担が少ないといえます。30代の肌や生活の変化から、基礎化粧品も同時に変えていくといいでしょう。

もっと詳しく

自立する年代のスキンケア

保湿化粧水

30代は、社会や私生活での変化が大きいので、ストレスが増大しホルモンバランスも崩しやすいです。お肌のケアも20代までとは異なってきます。基礎化粧品は、コラーゲンやセラミド、ビタミンC誘導体が含まれている物を選ぶと良いです。買い物の仕方やメイクの仕方を工夫する事で、費用を抑える事も出来ます。

もっと詳しく

紫外線対策と化粧品

鏡を見る女の人

紫外線対策しなかった私

現在30代前半のわたしは幼いころからどちらかというと色白で、中学生の頃からそばかすが出来始めていました。当時のわたしは体育の授業の時にも日焼け止めを塗ったりせず、当然基礎化粧品など使用しない女の子でした。しかし大学生の頃にもなると基礎化粧品や日焼け止め効果もある化粧下地を使ってUVケアをしていたつもりでした。でも、美白効果のある基礎化粧品は使っておらず、そばかすは地味にふえつづけるばかり。色白は相変わらずだったので、余計にそばかすが目立ちました。30代になった今になって、あの頃から適切な基礎化粧品を使用しておけばと思います。

年齢に合ったケア

子どもを出産後2年近くが経過した頃にようやくゆっくり鏡を見ながらお化粧をしていて、ハッと気が付いた頃には前にも増してそばかすが増え、しみもいくつか出来ている状態でした。そこでようやく「妊娠中はそばかすが出来やすい」ということを思い出しました。それからというもの、ドラッグストアではなくきちんとしたお店で30代の肌に適した美白化粧品を購入し、シミ、そばかすのケアを始めました。最近では当たり前に言われていますが、基礎化粧品はただ使用するだけではいけません、重要なのは、年齢に適した基礎化粧品を選ぶことです。20代以前の私には、その認識がかけていたのです。その結果、そばかすを増やしてしまう結果となってしまいました。10代の潤い肌に対し、アラフォー向けの保湿美容液などを使用しても逆効果です。過剰な保湿が肌荒れなどを引き起こすこともあるので、正しい化粧品を使用する事が重要なのです。現在ではそのことに念頭を置き、30代向けの基礎化粧品を使用しています。そばかすをはじめとした肌荒れもだいぶ少なくなってきたので、正しい選択だと言えるでしょう。